Psychiatric Efficacy

自分達でできる物は処分しておく

故人の持ち物を処分する遺品整理は業者に依頼をすることでスムーズに進みます。遺品整理に掛かる費用は作業に必要な人員や時間で金額が変わるのが特徴です。そのため、事前にできる範囲で物を処分して荷物の量を減らしておけば人手や時間が少なくて済むので結果的に費用を安くできます。使用できる物はゴミではなくリサイクルショップやネットオークションに出してお金に変えれば出費を抑えることが可能です。業者に丸投げをせずに自分なりの努力をする心掛けが必要になります。

複数の業者から見積もりを取る

需要の増加に伴って遺品整理を専門とする業者は全国に1万件以上に増えています。人手と作業時間が費用に影響するという点は共通していますが、基本的な単価は業者ごとに違うので注意が必要です。作業に掛かる時間と人手が同じなのにトータルの出費に数万円近い差が出たというケースも珍しくありません。最低でも3社程度の業者から見積もりを取って、金額やアフターフォローといった様々な条件で比較検討をすることが費用を抑えるコツです。

キャンペーン期間を狙う

ライバル業者との競合が激しくなったことで、差別化を図るために定期的にキャンペーンなどを展開する所も少なくありません。キャンペーン内容によっては処分に掛かる費用が安くなったり、荷物を持ち出した後の掃除を無料で行ってくれるケースもあります。自宅の売却が決まっているなど急ぐ理由がある場合は難しいかもしれませんが、期間に余裕がある時はこうしたキャンペーンを狙うのも一つの手です。

ゴミを捨てる機会を失って自力では片付けられないほど溜まってしまった場合は、ゴミ屋敷の片付けを専門にしている業者に依頼してみましょう。ゴミを取り除いた後の清掃までしてくれる業者もいます。